競売の流れを学ぶ

競売の流れを学んで実践に活かそう

競売はどこで行われている?

競売はどこで行われている?

競売という言葉は既に死語になりつつあるのでしょうか?競売に限らず色々な日本語というより漢字が、横文字に置き換わって行っているような気がする今日この頃です。

この競売はオークションという横文字に置き換わっていますが、一体どこで行われているものなのかご存知でしょうか?私も全てを知っているわけではありませんが、漁港がそのひとつなのは誰もが知っているかもしれませんね。

その他としては、お馬さんは全国にある競馬場の内限られたところで行われていたり、インターネット上でも盛んに行われていたりします。

今は時代の流れなのでしょうか、インターネットを通じて行われることが多いように思いますが、弊害もあります。

それは実物を見ることなく入札できてしまうので、結果的に偽物や壊れた物を高額で買ってしまうことになるのです。

クレームをしたいところですが、ネットオークションではノークレームでと但し書きがしてあることが多いので、泣き寝入りすることもあるかもしれないのを覚悟しましょう。

ちなみに、オークションサイトは利用に当たってメンバー登録料や、落札額に応じてお金を取られることもあるようなので、お金の流れに注意してくださいね。

競売に参加する人とは?

あくまでイメージの話をしようと思いますが、競売に参加する人達というのはどんな人達なのでしょうか。

容姿としては、スーツやドレスをビシッと着ており、顔には仮面を付けて素性を隠し、独特の趣味などを持つお金持ちというイメージが私の中に漠然とあります。

恐くそれは一部間違いであり、前述のようなお客を相手にする競売というのは犯罪の匂いがするレベルです。

よくよく考えてみると、競売というのは割と見られる光景なのではないでしょうか?いわゆるお魚の競りというものがそれに当たり、流れとしては、客が売り手に値段を提示して最も高い値段を提示した客にものを売るという感じです。

競売の流れを知ろう

競りなどは客の提示した値段を他の客は知らないというシステムになっていたりするので、その方式や流れというのは様々のようです。

知識ゼロの人間がホイホイと入ってはいけなさそうな雰囲気ですよね。

それにしても、高い値段を提示するのはよいですが、その値段が払える金額なのか、もし払えなかったとしたらもの自体はどうなるのか気になるところですね。